れんこんのあなのなか

1998年生まれの男の頭のなか

近況〜2021年12月中旬編〜

 12月になりやっと東京に冬が来た。

11月までは寒さも大したことなく、東京は秋が長いんだと思った。

 

今月は書くことが多い。

1、一大決心について

2、toeicについて

3、いいことについて

 

まず、12月の決心とは、詳細には書けないのだが、自分の中での大きな悩みのたねが解消する機会を得たことである。今年のうちに大きな悩みを解消に向かわせる動きを作れたのは、自分の今後の人生にとっても、2021年の締めくくりとしても良かったと思う。今後は、さらに自分に自信が持てそうだ。

これからやりたいこともたくさんあるから2022年は飛躍の年になるに違いない。

 

toeicについては残念ながら大幅に点数を落とした。

学生時代より英語に触れる機会が減ってしまったこともあるが、根本的には勉強の量が明らかに足りなかったことが1番の原因である。

手応えがあっただけに、点数を見てショックだった。

2019年だったか、前回は。

2022年こそは大台に乗れるよう、努力し、結果を出したい。

 

3つ目のいいこととは、今日、パン屋さんで80円負けてもらった上に、パンの耳までタダでいただけたことである。

なんと小さなことかと思われれるかもしれないが、今日の僕にとってこの小さな出来事は今後の節約生活の幕開けにふさわしい出来事であった。

そう、これから僕は節約期間に入る予定だ。

とはいえ、そんなにお金に困っているのかというと決して貧しくはないのだが、

せっかく大きな決心をして自分に自信が持てるようになったことだし、社会人として今の環境でいられることもせっかくの機会だし、、というわけで節約していきたい。

 

そんなわけで、今年もあと半月だ。

 

年が明けたら、4月まではあっという間だと思う。

 

12月の時間があるうちに今年のうちにできるだけのことはやり、さらに2022の計画も立てたい。

 

忙しいぞ、年末は。

 

今後も一歩ずつ成長し続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

思考の整理11月中旬編

今日は晴天。秋晴れである。たびたび感じるが、今年は秋が長い。

 

澄んだ空と気落ちのいい空気を吸って、気分は最高である。

 

さて、今年も残すところ2ヶ月を切った。

 

今月の大きな予定としては、20日に1泊2日で富士山近くに大学時代の友人とキャンプに出かけるのと、28日にTOEIC受験がある程度か。

 

大きなイベントごとは多くない今月であるが、今回のブログで言いたいことは、、

 

人生を方向づけるのは、やはり日々をどう過ごすか、、すなわちどんな習慣を身につけて日々を送れているかにかかってくるということである。

 

まあ、過ぎ去った過去の後悔は取り戻せないので、今目の前にある大事な人生の時間をどう使うかを具体的に考え、行動し、検証し、修正していくだな。これが一番合理的なはず。

 

まず、日々考えていることは以前から変わっていない。再度復習がてら書き連ねてみるか。

①健康について

②自己成長について

③お金について

④人間関係について

はっきり言って、この4つに全て集約できる。そして、この4項目は互いに影響もし合っている。

 

まず、①健康について。

肉体的健康面は、食事、筋トレ、有酸素運動、睡眠、休養がベースになっている。

精神的健康は、自分と向き合う静かな時間があること、笑うこと、集中して何かに取り組めること、喜びを感じること、他者との良好な関係などがベースになっている。

 

②自己成長は、体力面、仕事面、自分のための勉強面、教養面、人間関係面(特に男性的魅力や人間的魅力)についての成長を意味している。

 

③お金については、収入について、支出が適切であること、自己投資のこと、金融投資のこと、幸福感を手に入れることなどを考えている。

 

④人間関係では、職場内の人間関係、上下関係、横の繋がり、学生時代の人間関係、恋愛関係などについて、より良い自分であるためにはどうしていけばいいか、について考えている。

 

以上が日々答えを追求して考えていることである。

 

もちろん答えが簡単に見つかるとは思えないし、全て思い通りの人生が歩めるとは期待していないが、なるべくなら自分が立てた目標通りの人生にしていきたいので、考えるだけではなく、行動に移していきたいと思う。

 

ただ、なんとなくぼんやりと理想を語っていると、どこがゴールかわからないものだ。

 

雲をつかむような人生の過ごし方をしていても、ゴールの達成感もないだろう。

 

だからこそ、抽象的な目標ではなく、より鮮明に、どういう自分になりたいのかを全て書き出し、具体的な形あるゴールを設定して行動に移さなければいけない。

 

夢はいくつあってもいいと思うし、どんなに大きくてもいいと思う。

 

だけど、その夢は、超具体的でなければ叶いにくい。

 

夢を現実にするために、脳内に描く概念的な理想像を誰が見てもわかる客観的な証として示せるようにするために、まずは、具体的な目標設定をすることから始めよう。

 

 

あとは、行動するだけよ。

 

目標書くだけじゃなんも変わらないから、動けよ自分!

 

 

 

 

MINAMIにあと半年はいられるというチャンスを活かせ

あと半年は確実に南にいられる。

人事を尽くして天命を待つという言葉があるが、まさにそれである。

 

自分にできる仕事を一生懸命頑張ること、仕事に手を抜かないこと、仲間を大事にすること、オンとオフはしっかり切り替えること。

集中すべきポイントを見間違えず、やんなきゃいけない仕事でミスらないこと。

 

文字に起こすと実に無味乾燥な内容だが、これが重要なのである。

 

半年間、何かしらアクションを起こし続けなければ、半年後の成長はない。

 

常に競争社会である。

 

切磋琢磨である。

 

他者から良い影響を受け、学びを受け入れ、積極的に取り入れ、自分のものにする、、このサイクルこそ、今自分に必要なことだと思う。

 

ともに高めあい、ともに成長することで全体が強くなる。

 

と同時に、個人の努力は必須で、誰かが見ていないところで個が成長するから、その高まり合った個どうしがさらに強固な結合を結んでいくのである。

 

まるで、水分子が水素結合を形成するような、強固な結合かつ、際立った個である。

 

そんなわけで、あと半年がんばっぺよ。

 

 

連休の振り返りと秋の目標

あと1日を残し4連休が明日で終わる。

もう、秋の気候だ。キンモクセイの香りが都会でも嗅げることに感心している。

そして、半袖を着ていて一番気持ちいいのもこの時期である。

 

 

今年はなんだか秋が長く感じている。

 

いつもなら、夏が終わり気温が落ち着いてきて嬉しいと思っているとすぐ寒くなる印象だが、今年はやけに長く気分良く過ごせている。

 

 

なぜだろう。

 

東京に越してきて2回目の秋だが、去年は秋をまともに楽しむ余裕はなかったからか。

 

とにかく過ごしやすくて精神的にも前向きになれる季節だ。

 

 

この連休は、初日から水泳、温泉、サウナ、久しぶりの外食ランチ(隠れ家的なお店を発見した)にウィンドウショッピング、自宅で映画にドラマ鑑賞、家呑み、一人ピザパ(Lサイズを一人で平らげた自分には驚く。)、オンラインの英語学習と休日にしかできないことができ、まあまあ満足ではある。

 

休日だし基本的にはゆっくり過ごしてはいるが、それだけでなく何かしろ「行動」できたことは自分的にも評価できる。

 

 

さて、先ほど、僕が最近見ているあるインスタグラマーさんによる、「TOEICの点数を上げるために必要な方法」についてのオンライン講座を受講してきたところである。

 

内容はTOEICを何度か受けていた自分にはやや基本的なことだったが、最後のセクションでは直接お話しができて満足のいく時間であった。

 

この授業を受けて残り3ヶ月半ではあるが2021年の目標がより明確になった。

 

当面の目標は、11月のTOEICで「800」点に到達することである。

 

 

大学2年か3年生の時に受けたのが最後でしばらく本格的に勉強していないが、あと2ヶ月間頑張りたい。

 

 

現在のスコアは715点である。

 

2ヶ月本気で取り組んで800点を取ることが2021年の目標の一つである。

 

大学卒業し、1年半が経つ。

 

社会人2年目だ。

 

3年以内には地盤を固めたい。

 

そのための一つが「英語」だ。

 

社会でわかりやすく、この人英語できるんだねと認めてもらうために手っ取り早いのがTOEICだと思う。

 

800点を取ったからって全然特別ではないが、英語力に関して自分に自信をつけたいし、周りにも一定の評価を得られる指標が欲しい。

 

11月に向けて、語彙力強化、英文読解力強化、リスニング問題対策強化に励んでいく所存である。

 

以上。

 

 

 

好きな人との渋谷デート

東京は梅雨に入ったようだ。

だけど昨日はお日様が僕らの1日を幸せに導いてくれるようなカラッとした天気であった。

 

昼下がり、駅に集合した僕らはまずカフェを目指した。

 

2人で会うのは2回目だけど、前回は夜だけだったから昼から会うのは少し緊張した。

 

カフェに着くと、平日の昼間にしては混雑した店内だった。

 

彼女はコーヒーが苦手とはそのとき初めて知ったけど、幸いコーヒー牛乳があったからそれを注文して、僕はアイスコーヒーを注文してテラスの木の下のベンチに横に並んで腰掛けた。

 

本当は共通に友人を誘う予定だったけど、その友人が僕に気を遣ってくれ、仕事が忙しいって言う理由でいいから二人で行ってきなと言ってくれた。

 

そんな言葉に励まされ、カフェで1時間半ぐらい過ごした。

 

彼女のことを色々知れた。

 

僕らはお店を出て代々木公園へ向かった。

 

住宅街の細い路地、昼の都会の静かな道を散歩するのも気持ちよかった。

 

彼女が明治神宮に行ったことがなかったのでお参りに行った。

 

僕の財布には500円玉と10000円札しかなくて、500円をお賽銭にしようとしたら、彼女に止められた。

 

本当は、1000円札を投げ入れて、僕の隣にいる人といいご縁がありますように的なノリができたら面白かったんだけど、なぜかそう言う空気ではなかったし、500円は微妙な金額だし。

 

結局彼女に10円をもらってお参りした。

 

家族の健康と、彼女との良縁を祈った。

 

 

僕らは神宮を後にして表参道を下った。

正直この時間、話題が尽きてめちゃくちゃ焦ってた。

 

彼女との話が全然続かなくてやばかった。しかも、その後の計画は何もなかったので渋谷駅まで歩く微妙に遠い距離が正直苦痛だった。

 

そんなこんなで歩いてたら、たまたまミヤシタパークのところまで来た。

 

救われた。

 

僕の家のディフューザーがなくなった話をしてたので、ミヤシタパークで探そうって流れになったのだ。

 

結局買わなかったけど、香水ショップでの時間とレコードショップで昔のいい感じの曲探す時間は最高によかった。楽しかった。

 

その後、神山町方面に移動して夕ご飯を探した。

 

神山町って奥渋谷と言われる場所で人が少なくて落ち着いていて好きだ。

 

そこの通りにある焼肉屋さんに入った。

 

予約はしてなかったのに、一番奥の一番いい席に案内してもらえてめちゃめちゃ美味しい肉をゆっくり食べた。

 

コロナでお酒の提供をしてないせいで、お酒に頼ることはできなかったけど、ちょっと暗めの半個室でゆっくり贅沢に食べたお肉は最高だった。

 

その後焼肉屋さんのお兄さんに勧めてもらったワインバーへ向かった。

 

道中、スマホのマップで進んでったから怪しい路地を通らされてちょっと緊張した。

 

完全にラブホ街だった。

正直彼女は嫌がるかなと思ったけど、ちょっと楽しそうで緊張は和らいでた。

 

ワインバーも話題があまり見つからなくてちょっとやばい瞬間もあったけど、二人とも東京で友達見つけたいって言う話から趣味の話とかで盛り上がって、なんとか次につながる話はできた。

 

ほろ酔いで山手線に乗り、今度は山手線全駅制覇しようって話で盛り上がった。

 

隣に座った彼女は可愛かった。

 

あと、電車に乗ったとき一個空きで座ってたお兄さんが僕らを見て二人が隣で座れるように横に移動してくれたのには大変感謝している。

 

これも全て見守ってくれるご先祖さまのおかげと、明治神宮の神様のご利益だと思う。

 

まだまだ課題は多いけど、焦らず行こう。

 

とりま次の予定を作れたのはでかい。

 

 

久しぶりにウキウキと緊張と不安のデートだった。

ま、楽しかったからオッケ。

 

 

バウンディの曲が聴きたくなる夜だった。

 

 

目標達成のための仕組みを作りました。

なりたい自分になるための方法を書きます。

 

 

 

⑴  10年後のイメージをざっくり書き出す

20代で何を達成したいのか、30代では?とイメージする。

仕事のこと、家族のこと、子供のこと、パートナーのこと、お金のこと、自己投資のことなど、この10年でどこらへんまで達成しておきたいかを描いてみる。

なお、途中での軌道修正を前提とする。

⑵  5年後のイメージをより具体的に書き出す

軌道修正はするが、なるべく本気で達成したい事柄を書き出す。

具体的であればあるほど良い。修正可能なので、完璧主義になりすぎないよう、この時点では楽観主義者になろう。

⑶ 次の誕生日までに自分がなりたい姿を具体的に書き出す(1年後の姿)

数値を使うなど、達成できたかどうか判断できる形で具体的に書く。

⑷  今年の目標を月ごとにざっくり立てる(年間計画の作成)

何月にはこれを達成するんだという見通しを立てる。それに沿って実践していき、達成できたことがその年の成果になる。

⑸  月初めと毎月中間あたりに、①数年先の目標の見直し&再検討

②年間計画の軌道修正を実施する。

⑹ その上で、翌月の目標を具体的に決める(逆算思考)

⑺ 日間業務計画的なTODOリストの作成

ポイントは、時間割を細かく決めすぎないこと。

今日やるべきことを全て抜けもれなく書き出して、可視化すること。

(歯磨きくらい当たり前になってれば書き出すまでもなく実行できるが、習慣化になりかけてまだ間もないものに関しては、書き出すことで抜け漏れを防ぐ)

⑻ 昼休みと、就寝前の2回、TODOリストの達成状況を確認するとともに、1日の時間単位での記録をつける

2回に分けているのは、単純に覚えられないからである。タスク完了ごとに記録するのでもいいが、それだと記録する度にいちいち時間を割くことになり、無駄が多い気がするので1日2回に分けて記録するくらいでいいと思う。

⑼ 記録を綴り、翌日のTODOリスト作成に活かす

記録する目的は、自分が今何ができて何ができないかを把握することなので、常時奇な結果をそのまま記録するとともに、次回のTODOリストでその反省を生かしてより良いより良いTODOリスト作成に生かしていく。

 

 

 

このような9段階を踏むことで、10年先の理想が現実化する。

中でも、毎月、毎日実践する⑹〜⑼が大事だと思う。

 

目標達成のためには、なるべく不安要素を取り除きたいので、より実践的な目標達成術なるものを自分の中で固定化しておいた方がいいと思う。

 

しばらくはこの方法で進んでみてどうしてもやりにくい部分があれば改善してみよう。

 

まあ、だけど、どんな自己啓発本やこれ関連の本もいってることは同じようなことだからその方法論ばかりに傾倒しすぎても意味ないと思うので、ここらで目標達成のための勉強は打ち切って、本格的に目標達成に向けた具体的な行動をしないとなと思う。

 

そんなわけで、仕組みができたのであとは仕組みを活用していくだけだ。

 

10年先の理想の自分に向かってテイクオフ!

 

 

とにかく今の自分に足りないことは、行動すること。

 

まずは、やるべきことを明らかにしたら、すぐ行動だ。

 

 

最近意識していること

最近私が意識していることは、「お魚を食べること」である。

 

仕事中の食事がどうしても肉中心になりやすいので、休日はなるべく魚を食べるようにしている。

 

とはいえ、家で魚を焼くのは手間がかかるので、レンチンで完成するセブンイレブンの焼き魚を活用している。

あれは大変に便利な商品である。

 

外食に行く時も、どうしても肉が食べたい場合を除いてなるべく魚の定食を注文するように意識している。

 

 

魚を食べることの効果は科学的に示されているのでここではあえて言及しないが、私が個人的に感じる、魚を食べていてよかったと思う点について言及させていただく。

 

 

 

特に外食の場合の話である。

 

最近よく利用させていただくお店は、定食チェーン店の大戸屋やよい軒なのだが、

多くのお客さんは肉中心のメニューを注文しているため魚定食を注文すると店員さんに珍しい顔をされる。

 

さらには、私の席の横を通る他の客にチラ見されることがよくある。

 

 

これが私の魚を食べていてよかった点である。

 

 

どういうことかというと、魚定食を食べると一種の優越感に浸れるのだ。

 

これは私の個人的な解釈であり、勝手にそう思っているだけに違いないのだが、

やや自分のことが好きな傾向が強い私は「魚食べてる俺、健康意識高くて、スマートだぜ」と自己肯定感と承認欲求の自給自足に成功しているのである。

 

他人は自分のことなど全く気にしてはいないのだろうが、それでもいいのである。

 

とにかく、皆さんには定食屋で魚を注文して欲しい。

 

 

ガッツリ食べたい時に、お魚を注文する人は個人的に好感度が高い。

 

「今日のランチ何にする?」「ん〜、そうだなあ、お魚が美味しいお店があるんだけどそこ行ってみない?」

 

そんな会話ができる人になりたい。

また、そんなふうに女性にランチ誘われたら、好きになっちゃう。

 

蛇足だが、魚のことを「お魚」と呼ぶ人の好感度も同様に高い。

 

 

 

最近の私の偏った思想であった。