れんこんのあなのなか

1998年生まれの男の頭のなか

解き放たれる  

今日を機に、YouTubeSNS、その他いろんな情報サイトから一度離れてみることにした。

 

ーどれだけ便利な世の中になっても、それだけで人は幸せにはならないと気づいた。

そして、不便だからといって決して不幸ではないー。

 

 

 

ふと、高校までを過ごした地元を思い出した。

僕の実家は山間にあり、目の前を田んぼと畑、家の裏手は森が広がる。家からコンビニまでは車で15分かかり、近くにスーパーまでは20分ほどかかるような田舎だ。隣町の映画館は10年くらい前に潰れ、2時間近くかけて出かけないと映画館はない。たまに市民ホールで上映されることもあるが…。

 

もちろん、スマホさえあればわざわざ車を走らせなくても映画が見れる時代になった。

スマホで注文しさえすれば時と場所を選ばずにAmazonで買い物ができる時代になった。

 

時代は進歩した。

 

18歳で都会に出た僕はもっと便利さを知った。

 

22歳で東京に出てきてもっと便利な世界を知った。

 

美味しいご飯が食べられるレストランは車を走らせなくても自転車で行ける場所にたくさんある。

コンビニも家の目の前にある。

勉強しててわからなければYoutubeの動画を見れば誰かが教えてくれる。

 

自分の足を使わなくても、ここにいればなんでも手に入ると思った。

 

しかし便利さによって幸せを手にしたかと問われれば、全てがそうではないと答えるだろう。

便利でありがたいことはたくさんある。

 

 

しかし便利が溢れると人は怠惰になる。

 

 

動かなくても欲望は満たせる。

 

 

怖いと思った。

 

 

このままじゃ引きこもりになると思った。

 

 

 

 

あの頃が懐かしい。

 

なぜか日テレ系列が入らず、母の実家に行かないとごくせんもイッテQも見れなかったあの頃。休日はもっぱら裏山で秘密基地作りか川で魚釣りか畑や田んぼのお手伝いをしてた少年時代。

 

アクティブでアウトドアな自分が確かにいた。

 

その心を今、忘れかけてた。

 

便利すぎる世の中のシステムから解き放たれ、もう一度本当の自分を取り戻そう。

 

時代は進歩したが、僕は進歩したのか?

 

わからないことがあれば図書館で文献を探し、人とは直接出会い、野山を駆け巡った頃のように、

 

世界中を走り回る自分が本来の自分であるはずだ。

 

 

便利は少しだけ僕を押さえ付けていただけだ。

 

そして少しの不便を課すことでかえって僕はアクティブになれると思う。

 

 

 

便利を手放し、今解き放たれる。

 

 

MISSION 元スターバックスCEOが教える働く理由   岩田松雄 著

大まかではあるが、二点に絞って本書から得られたことを僕なりにまとめてみる。

 

1.従業員にまで浸透したミッション

人々の心を豊かで活力あるものにするためにー

一人のお客様、一杯のコーヒー、そして一つのコミュニティから”

このミッションステートメントがアルバイトひとりひとりまで浸透してるのがスターバックスである。

 

そして、スタバという企業はコーヒービジネスではなく、「ピープルビジネス」であると言うこと。

つまり、人々の心を豊かにするためにたまたまコーヒーを通じてやってるだけであって、紅茶でも、ピザでも、おにぎりでもよかったと言うこと。

 

実際、お金をかければいいデザイナーは雇えるし、高級な豆と高価な機械を使えば誰でも作れる。しかし、一朝一夕にできないのが心のこもった接客である。

 

70時間にも及ぶ研修を通して「何をしなさい」ではなく「なぜそれをやるのか考えなさい」と言う教育をしている。

 

 だからこそ、「“いらっしゃいませ”ではなく“こんにちは”と言おう」という声かけに変えた時も、それはマニュアルとしてそういう文言に変えたことに意味があるのではなく、その本質は、お客さんとの親近感を感じさせるためなので、「今日は寒いですね」でも「お仕事お疲れ様です」でもいい。つまり“なぜするのか”という思考を繰り返すことで応用が効くようになってくる。

 

また、社員として利益ばかり追求していては決してできないような行動(マニュアルに載ってない行動で、店員が個人で判断して起こした行動)も会社が認めてくれており、スターバックスの社員である前に人間として正しい判断ができるようになってほしいというトップの考え方からもわかるように、人間教育を重要視している企業であることがうかがえる。

 

そういう社員が育つ環境を用意している企業であるということ。

そしてそういう社員がいるお店に人は集まるということが、「ピープルビジネス」という言葉の意味ではないかと感じた。

 

2.自分の人生に対するミッションを持つこと

それは決して肩書きや経歴では見えない、人間性に現れる。

今所属している会社のミッションを意識して働くと同時に、自分自身のミッションは何なのか?を自問せよ。

 

つまり、どこの会社で働こうとも変わらないミッションを持つことで自分が主体の人生に変わるということ。

そして、それを自分の言葉で周りに納得してもらえるように伝えることで仲間が増え、次第に社会に価値を提供していくことができる。

 

また、ミッションは軌道修正していってもいい。それは自分に新しい知見が得られ、新しい考え方ができるようになった証拠だから。

 

注意すべきは、働き方を考えることではないということ。会社員なのか、経営者なのか、公務員なのか、ノマドワーカーなのかは働く意義を考える上での本質ではない。

 

 

 

 

ウルトラマンにとっての3分間

1日は24時間で、平均して7時間は睡眠にあてたい僕に残された活動時間は17時間である。

 

17時間のうち食事にあてる時間がざっと3時間。

顔洗ったり、風呂入ったり、着替えたり、うんちしたりする時間が合計2時間とすれば、残り12時間である。

 

休日ならば12時間も自由時間が与えられるのだ。

 

これはウルトラマンが地上で活動できる時間の240倍もある。

 

3分の間に敵を倒し地球を守るウルトラマン

 

たった3分の活動に対して得られる効果は計り知れない。

 

その一方でウルトラマンの240倍の活動時間を与えられたノーマルマンの僕は何一つ地球に貢献してないのではないか?

 

まあ、休日まで地球のために働けとは言わないにしても、自分自身のためにもほとんど時間を使えてないではないか。

 

ウルトラマンは休日に何をしているかは知らないが、3分間で地球を怪獣から救えるような彼が12時間もの自由時間を与えられたら自分よりも間違いなく充実した暮らしをするだろう。

 

いや、、、違うかもしれない。

 

12時間もまとまった時間があると、人は安心してだらけてしまうのかもしれない。

 

ウルトラマンが人かどうかは存じ得ないが、人は誰でも12時間もあればだらけてしまってもおかしくはない。

 

3分間というわずかな時間のなかで、彼に与えられた任務はあまりに巨大である。

そのプレッシャーは計り知れないものだろう。

 

そう、つまり、タイムプレッシャーがあり、かつ、与えられた時間に対してやらなければならない仕事量が多いほど集中して取り組めるものなのだ。

 

そりゃ、12時間与えられて、別に12時間もかけなくてもできることしかやらないでいい休日はだらけても当然だ。

 

だ、け、ど、、である。

 

だらけても仕方はないのだが、だらけていては理想の自分にはなれない。

 

そこが難しいのだ。

 

特に1人で自分のことを律し続けるのは困難である。人類の歴史を考えても、意志の力だけで12時間もの集中を長期間にわたり継続できる人が多数だとは考えにくい。

 

そこで、その問題をどう解決しようかと考えた結果、いくつかの解決への糸口が思い浮かんだ。

 

その1 分ける

12時間ぶっ続けが無理なら、1時間ずつ。

3分間でもいい。3分間なら240セットやれば12時間達成である。

 

その2 他人を巻き込む

一人でやっててもしんどいから、人の目がある場所に移動するとか。

もしくはSNSで他人にチェックしてもらうとか。

 

その3 記録する

12時間の時を過ごして何ができたのか、また何ができなかったのか、文字に起こして記録を続け、できることなら他人に発信していくことで何もやらないわけにはいかない状態を作る。

 

その4 ハードルを下げる

高い壁であるほど登った時気持ちいいのはわかるのだが、そ子に至るまでの長い道のりを想像した時にやる気が削がれるというのはよくある現象だ。

だからまずは目の前の届きそうなところまで。

最終ゴールはずっと先にぼんやりとでも見えるようにしといて、ゴールと呼べるほどではない一歩先にまずは行ってみればいい。

勉強なら、ノートと問題集を開いてペンを持ち、(1)と書くだけで進歩である。

 

 

 

 

まあそんなところで。がんばれ自分。

 

集中力が切れてきたので今日はこの辺で。

 

健康と生命保険

就職してから保険の勧誘をされることがある。

 

しかし結論から言うと、保険は最低限でよく、保険にお金を使うくらいなら健康に投資した方がいいなと思い始めてきた。

 

死亡原因の上位が生活習慣病であるのに、生活習慣を改善せずに生活習慣病になった後の補償ばかり気にして、生活習慣病になった時のためにお金を支払うのはあまり賢明でないような気がするのだ。

 

もちろんどれだけ健康な生活を送っていても怪我のリスクや思いもよらない病気になる可能性はあるので、その心配を減らすために最低限は保険に入ってもいいと思う。だが、それはあくまでも健康な日常生活が土台にあってそれでも避けられないリスクに対する不安を減らすための投資であるというのが僕の最近の保険に対する考え方だ。

 

だから、保険を最低限にしている以上、健康な生活も同時に意識していく必要がある。

 

 

病気になったり、不健康になるとそれを治すためにお金がかかる。

一方で健康を維持するためにも、食材選びや運動のため、また精神的健康を保つための余暇活動への出費でお金はかかる。

 

いずれにしてもお金はかかるのだから、それなら健康をお金で買った方が高いQOLを得られると思う。

 

まずは食事。

 

完璧に栄養を分析して食事をすることは簡単ではないが、情報は簡単に手に入るので、できることから意識してみよう。

 

そして、運動。

 

仕事柄活動量は多い方だが、休日は自分で意識しないと運動不足に陥る。

運動をしないと血流が滞るし、疲労感がなければ夜の睡眠にもいい影響を与えられない。

 

最後が今一番改善すべき、睡眠問題である。

 

多くの現代人が良質な睡眠を取れてないのだそうだが、僕もその一部かもしれない。

現状はまだ改善の余地がある。

栄養ある食事と適度な運動による疲労感、そして入浴により良質な睡眠へといざなえるように生活を組み立てたい。

 

追加で、僕の健康と生活に大きく関わっているのがスマホおよびPCである。

今はどうしても寝る前のスマホや休日だらだら見るPCなど、こいつらと上手く付き合うことができてなくて、こいつらに”使われている”状態だと思う。

 

これは別の習慣に置き換えて改善していきたいところだ。

 

 

まあ、スマホが出てくる何年も前から人類は健康な生活を追い求めてきたはずである。

その時代時代で人類の欲望を掻き立てるスマホのようなものがあっただろうし、それとうまく付き合っていくことは口にするほど簡単ではないと思う。

 

でも、自分の課題に気づけているんだから改善できる可能性は広がっていると思う。

 

健康で充実した暮らしを送るために、日々頑張って生きていきたい。

親孝行の一環として

去年11月以来実家に帰っていない。

 

コロナのことが心配で、気軽に東京から地方へ移動することは控えている。

僕自身は健康そのもので、生活には大きな変化はない。

もともと用事がなければ家でだらだらしがちな僕なので感染リスクは低めだと思う。

(家にいるにしてもだらだらする生活は直すべきだが。)

外出するにしても割と静かな場所が好きなので、感染リスクは低いのだと思う。

 

その一方で、地元で暮らす家族はやはり東京にいる僕を心配してくれている。

電話をすると、その様子がよくわかる。

自分は大丈夫だと思っていても、家族からしたら心配なんだろうな。

 

さて、今月末は僕の23歳の誕生日だ。

18歳で地元を離れ、大学4年間を大阪ですごし、去年からは就職で東京に引っ越してきた。いわゆる上京組である。

 

こんな僕も、大学卒業間際は地元で就職するか東京の就職先を選ぶかでギリギリまで悩み、親や周りの人にもたくさん心配をかけたし迷惑もかけた。

あれからもうすぐ1年が経つのだ。仕事はまだまだ勉強の日々で成長途上だし、できないことも多い。そして思い描いていた仕事の理想と現実のギャップを感じる毎日だ。

 

ただ、やりがいは大きい。

 

はるばる東京に来て今の組織に属さなかったらわからなかったこともあるし、自分が考えていた以上に素晴らしい仲間や上司に囲まれてここまでやって来れたことは大変ありがたいことである。

 

 

さ、前置きが長くなったが、タイトルにも書いたように、今回23歳を目前に親孝行の一環として、親への仕送りを始めようと思う。

 

お金で親孝行になるのかは正直わからないし、これが正解だかはわからない。

ただ、これまでの僕の人生で、僕に一番お金を使ってくれたのは間違いなく両親である。その両親への恩返しとしてこれから毎月できるだけ続けて仕送りをしていこうと思う。

 

親孝行としてできることはそんなことだけじゃないのはよくわかってるし、親もお金が欲しいわけではないとは思う。

だけど、今の僕が目に見える形でできることの一つがこれなのかなと思うのである。

 

東京暮らしも慣れ、日々の暮らしでは比較的低コストな生活をしている僕なので無理してやるわけではない。頂けるお給料のうちの一部を今まで僕に投資してくれた両親にお返しするといったところか。

 

僕が生まれて23年。

23年間も投資して来た両親が23年目にしてわずかでもお金を受け取れれば、少しばかり喜んでくれるのではなかろうか。

 

やるなら思い立った今月から始めた方がいい。

 

今月の給料日にいただく給料、まず第一回として月末の僕の誕生日に送りたいと思う。

 

何度も言うが、これが正解かはわからない。ただ、今まで育ててくれたお礼の気持ちとして受け取ってもらえたら嬉しい。

 

仕送りをすることで、僕自身も自分だけのために働いてるわけじゃないんだと実感できるだろうし、仕送りする分余計な浪費をしないで自分のためになる賢いお金の使い方をしようと思えると思う。

 

人のためにお金を使うその1歩として、2021年、23歳を迎えるにあたって新たにそう思うのである。

 

 

思考の整理 1月末編

2021年も1ヶ月が経過した。

今年は今までやりたいと思ってたけど何かと理由をつけてやれてなかったことに挑戦する一年にしたいと思ってスタートを切った。

また、コロナの時代だからこそ、自分と向き合い自分のためだけに使える時間がたくさんあるので”遊び”(趣味)にも本気で取り組んでみようかなとも考えてきた。

 

1月、まず新しく始めたことは、オンライン英会話Cambly

週3日1日あたり30分間のプランで実施中。

今のところ楽しくレッスンに参加できてはいるけど、まだ使い方を確立できてない。

2月からはもう少し計画的な受講をするとともにレッスンの復習も欠かさずにやっていきたい。

 

2月の予定としては、月末に航空無線通信士の試験がある。

まずはそこが2月のメインイベントになると思う。ここで1発合格できるよう、休日は1日あたり3時間勉強に充てるようにしたい。

 

そのほか、筋トレランニングも習慣化させたいと思っており、朝から時間がある日はランニングと筋トレから1日のスタートを切りたいと思っている。

具体的な目標がないと続かないと思うので、ここに宣言しておこう。

 

ランニングに関しては朝から動ける休日のみとなるため1ヶ月で10日が基本となる。

距離は、1日あたり8キロを目標に頑張る。

筋トレに関しては、ジムに通っていないので、自宅で懸垂バーを使ったトレーニングと自重の腕立て伏せがメインとなる。

懸垂は15回を1セットとして1日4セット(計60回)

腕立ては2秒に1回の速さで30回を1セットとして1日3セット(計90回)という目標を設定してみる。

 

いきなり高い目標を掲げても目標を立てて終わりになりそうなのであまりハードなメニューにはしないことにする。

毎日続けていき、習慣が完全に出来上がったところで回数も上げていこうという作戦である。

 

そのほか、TOEICの勉強(できれば5月に1度受験したい。)、仕事に関係する知識の勉強、仕事の準備、読書、ゴルフなどやりたいことは山ほどあるが、限られた休日にできることはせいぜい3つか4つくらいだろう。

 

あまり欲張らず、コツコツ、ぼちぼち進めていきたい。

 

その他の2月の目標は以下の通り。

a. 「TOEICレベル別問題集730点突破」を1周やりきる。

b. 自作の「仕事に使う知識の基礎レベル」のプリントの知識をいつでも答えれるような状態にする。

c. ゴルフを始める。(まずは打ちっぱなしに1回でもいくのが目標)

 

そんな感じで、遊びはほどほどに、未来への自己投資中心の2月にしたい。

 

バモス!!

 

 

 

自室の環境整備

先日、自分の部屋に勉強や作業用として使う机と椅子を購入しました。

 

もともと低めの机を持っていたのですが、長時間作業することを考えるとちゃんとした机と椅子を用意した方がいいなと思い購入に至りました。低い机は長時間作業すると背中が痛くなり作業効率が下がりますし、今の部屋のレイアウトをもう少しよくしたいなと思っていたところだったのです。

 

部屋の環境を整えるにあたり、僕自身の勉強スタイルや家で本当に集中できるのか?など色々検討したのですが、やはり自分の一番リラックスできる部屋に最適な作業環境を用意してあげることが今後の作業や勉強の効率を上げることにつながるという結論に至り購入を決めました。

 

値段とデザイン、サイズなどインターネットでいろんなお店を巡りましたが、今回購入した椅子と椅子はオフィス家具専門店が販売するもので法人向けがメインのようでしたが、個人購入もでき値段もかなり安かったです。

 

デザインもシンプルで気に入っております。

 

これで一段と作業環境が整いましたので、引き続きさまざま挑戦を続けていきたいです。

 

作業環境は大事という話でした。